スポンサーサイト

  • 2010.11.29 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


そろそろ

本格的にお引っ越しします。

動画まだ投稿できん(´;ω;`)
ニコ動載せて記事書いたらバグった(´;ω;`)


引っ越し先はまた貼ります。
多分またアメーバでやります。


超柔々[後編 完]

直線勝負!


モーターをかき鳴らし、
マシンの頭を地面に着け、
後部を手に持って待機する。
アニメと一緒だ。

妙な高揚感。オラわくわくすっぞ!


そして
全員がよーいどん!で一斉に手を離す




皆のマシンが元気よく、


本当に元気よく

蜘蛛の子を散らすように

各々好きな方向へ四散していった。


一台は狂ったように壁に何度も頭を叩きつけ

一台は逆走して、後ずさりした主人に踏まれ

一台はまたタイヤ回らない

残りは右へ左へ。



結局勝負にはならなかったけど

マシンを選ぶ苦労、作る苦労
全てを共に経験した
皆気持ちは一緒だった。




「ぷよぷよしようぜ」(終)

超柔々 [後編1]

誰かが呟く


「ミニ四駆作ろう。」



皆の手が止まる。
やりますか、とばかりにぷよぷよから離れ、ミニ四駆へと手を伸ばす。

誰の家だったか覚えていないが
薄暗く、狭い部屋で
それぞれがミニ四駆に魂を吹き込んだ


使い道の分からない部品は使わない。
説明書など誰も読まない。
そのせいで余る大量のグリス。
皆早く完成がみたいのだ。


作業があるところまで進むと
なにやら聞き慣れない言葉が耳に入る

「モーター、どうした?」


「俺、トルクチューン」
「ハイパーダッシュ」

「%*&%@*¥」

次々と聞き慣れない単語が出てくる。

どうやら数あるモーターにはそれぞれ特性があり、それを俺が邪悪な思想の狭間でブレている時に買っていたと言うのだ。


トルクチューンモーターはカーブに、ハイパーダッシュは直線で爆発的な力を発揮する。
付属のノーマルモーターではお話にならない。
たまにノーマルモーターの中身だけハイパーダッシュにすり替える意味の分からん輩が出るくらいだ。


ハイパーダッシュね、ハイパーダッシュ。と
涼しい顔で俺は、いつの日か500円貯めてハイパーダッシュを買うことを企みながら作業を続けた。


すると今度は


ガリガリ…ガリ…ガリ


信じられない光景を目にした

年上の一人がミニ四駆を壊している。なんだ、ばかか。

しかしこのヒステリック風お兄さんの奇行は肉抜きと呼ばれ、ボディを削ることでマシンの軽量化を図っているのだそう。
とんだ技巧派が現れたもんだ。

初心者といえ、見た瞬間にコイツは出来ると思わざるを得ないだろう。
しかしあれだ。だっせえ。


…そして


なんやかんやで完成の時を迎えた。
電池買い忘れたとか電源入れたのにタイヤ回らないとか色々あったけど、なんやかんやで完成の時を迎えた。


皆マシンを手に わらわらと外に赴く
大会の会場を探さなければ

当初は道端の溝を使ってレースと言っていたのだが、幅が1台ぶんしかないのは見て明らかだった。
ちょっと走らせてみたところ見事に予想を裏切らない縦列のドラクエ状態だったので、何もないガレージでの直線勝負となった。



勝負は約5m
早く通り抜けた方の勝ち!




―俺たちの戦いはこれからだ! (続く)

超柔々[中篇]

自転車の群が移動する。


小学生は皆、各々のマシンを自転車のかごに入れ、友達の一人の家に向かって集まる。

そして俺のかごにも

箱にはこれから相棒となるマシンの名前が刻まれている。



『レイスティンガー』…と。






*****


「…レイスティンガーがある」


俺の目に飛び込んできたのは
くすんだ灰色のボディに
トゲトゲしい形のマシン。
アニメでは針で、毎度相手を恐怖のどん底に叩き落としていたレイスティンガー。

とりあえず邪魔だからどけようとした藤吉マシンを横に置き、俺はレイスティンガーを手に取った。



…なんだろう、スマートである。

このまがまがしいデザイン。
自分の手中に収まると思うと心強く感じた。
非情までに相手を刺し貫き、自分はそうされる心配がない安心感。優越感。絶対的な力はそれらを快楽とし!!それを求める欲だけが全てを支配する"力"となり得る!!
理性?モラル?それは強いのか?そんなもの!僕のレイスティンガーが全部貫いてやるよ!!


危うく一人称も変わりそうだったが、勿論小学生がそんなことは思っちゃいないし、相手のマシンを壊すことで別のもんが壊れることも重々承知している。
ただ面長でカッコ良く感じたのは事実だ


悪役が好きになったのも
今思うとこれがきっかけだった。


そしてそれが"殺戮マシン"を初めて
"レイスティンガー"として見た瞬間だった。




続く





超柔々 [前編2]

まずはマシンを選ぶところからだった


皆それなりに詳しいらしく、
いろんなマシンを物色し続ける。


だが俺は違う!



店に入るなりサイクロンマグナムを探した
アニメでの主人公は兄の烈、弟の豪

カーブを得意とする(?)知的な烈のソニック…ムーブだかパイナポーに対して、
直線を得意とするバカっぽい豪のマシン、サイクロンマグナム

俺は豪派だった。
全国の次男はきっと豪派だ
アニメのように、皆が斜面を降りるとき一人だけ
コース上空をブッ飛ぶサイクロンを夢みる豪派だ。
「いっけぇぇええマグナム!!」
って言いたいの。
しかし問題が起こる

俺のマグナムが…ない(ミニ四駆的な意味で)


当たり前かも知れないが
皆、主人公マシンを選びたがる。
(そして藤吉を甘く見る傾向がある)

小さい頃はそうだった。
主役を…いや主役とかはいいけど、
2番的なポジションに収まっているのが自分は好きだったルイジー(←当時の呼び方)的な。

悪役にはもっぱら興味がない。
その頃アニメには、レイスティンガーとかいう相手を ミシン針みたいなので刺して壊したりする奴、
他人のマシンを押しつぶしたりする奴と、それはそれは非道なキャラ・マシンがいた。
後者など頭がプリンだったことくらいで、名前すら覚えていない。

登場する度に恐怖を覚えた
逃げて!逃げてー!ってずっと思ってた


脱線したが要は、
サイクロンマグナムが良かったのに売り切れてんじゃんよ
面長マシン以外興味ねえよ という話である。

油断していた…仲間内だけを意識するあまり外界の悪手に気を取られなかったのだ。


迷った。すごい迷った。
気付けば皆自分のマシンを決めていた。


探した。すごい探した。
なにせサイクロンマグナム以外知らない
ほとんど知らない。
サイクロン以外見てなかった。
あと知ってるのとか藤吉のwwサンダードリフトwするこのwwこの藤吉マシンくら…い…









…藤吉マシン?








続く








超柔々 [前編]

ミニ四駆が昔流行った時代


忘れもしない烈と豪。漫画の主人公だ。
アニメがきっかけだったかは忘れたが、自分も漏れなくハマっていた。
忘れもしない。題名は忘れたが。
つくってわくわく
そんな題名だったかも知れない。



ミニ四駆がおもちゃ屋に並ぶと、近所の子供たちはこぞって自転車を走らせ買いに走った。
勿論、その中に俺もいた。


年上も年下も関係なく
自慢のマシンで勝負が出来た


子供が自分で物を作るという作業
各パーツの性能を知り、
組み上げる満足感
負ければ当然屈辱を覚える。
自分で悪いところを探し、
直すことを覚え、
諦めない心を以て最後は
甘美な勝利に酔いしれる。
それが飽きるまで相手と続くのだ

酸いも甘いも経験できるこのシステム!
そしてグリスの重要性
ICチップ?AIチップ?なんか漫画がハイテクに走ったけど、現実のしょぼさは見ない振りをして、皆夢中になった。


そんな中、近所の子供たちだけ行われた
ミニミニマシン猛レース第一回大会(全1回)

大会説明
『とりあえず皆で作ろうぜ!
ルールとか後で決めようぜ!
そしてとりあえず、皆で走らせようぜとりあえず!』

という小学生の小学生による小学生の為の、自由で無法な大会


そしてこの、後の人生にさほど大きな影響を与えなかった
別名『ミニ四駆…?ああ、やる?とりあえず俺んちでぷよぷよしようぜ』大会が幕を開けたでげす







半径

72センチだた

今週のジャンプ(45号)

 昨日日記少なかっただけでアクセス数半減とは…!
恐るべし通行人!今日は2つ目ですぜ
じゃあジャンプ買ってきたから、毎週恒例の様にしれっとネタバレビューです(´・ω・`)



今週のジャンプ(45号)のネタバレになります

●バクマン <巻頭カラー>
シュンとピースのフランダース
サイコーは同時にもう一本話を描く(実力をつける)為にストップウォッチ片手に早描きの練習。
早描きいいなあ…できたらなぁ。
それにしてもネーム1Pで100分とかかかるのか…


●ベンチ[読み切り]
最下位チームに所属する主人公は元エースで実は凄くて、
これまた実は凄いデブを引き連れて下克上する話。
野球に興味はないけど特に知識もいらず、
考えなくてもスラスラ読める少年マンガでした
なにこれ読書感想文みたい。


●ONE PIECE
ルフィ強くなりすぎワラタw
モーション映らないとか。周りの雑魚目線なのか。
フランキーは更にゴツく、
サンジはヒゲが濃くなり。
再登場シーンで鷹の目の剣を彷彿とさせたゾロは片目失ってる様子。
目の傷、先週と逆になってるよね。
あとチョッパー。早く気付け。それは 他人だ


●トリコ
なにやらトリコ×小松が進んでいる様子←
イチャイチャ中、包丁折れて小松涙目。
武器(包丁)の素材調達クエが始まる予感。
イカみたいなサニーさんがいつまで経っても美しく見えないのは僕だけでしょうか。


●NARUTO
ゼツ描くの大変そうだ。


●ブリーチ
愛染最期の台詞。
またピンチの時しれっと駆り出されそうだが。
霊王?かなんか伏線が張られてたが続くのか…。死神の力取り戻す修行とか前なかったっけ?なかったか。
終わるかナー、続くかナー
ちょっと途中マンネリはしてたけど好きなんで来週も期待してますよ!


●黒子のバスケ
緑間安定。黒子が直接対決するんでしょうか。
個人的にはあまりプレーを変えて欲しくないです!来週Cカラー


●べるぜバブ
ヒルダ派生種いっぱい出てきた。
ついに魔界と戦う予感。
蠅(はえ)の王とか出てくるみたいです。
ベルゼブブはハエの王の意でしたっけ。

今週も「ダ!」で説明付けるとかさすが魔王のお子さんでございます。


●エグニマ
ひいなさん「ずっと私のターン!」
水の中から脱出のヒントを探しまくります。あと1枚。
前回祀木さんが捕まりましたが
謎の黒幕に「お前ともあろうものが」とか言われてました
つまり…ストーカーですね分かります


●いぬまるだし
幼稚園のPVに加藤鷹は必要ありませんぞおおお!
いつもさり気なく窮地に陥ってるふとしくんが好き
稲川ワロタwww


●ぬらりひょんの孫
あれ?羽衣様と先代ぬらりは仲良し?
手繋いでますよ?
ゆらも参戦。
あと魔魅流くんと土蜘蛛くんの顔がいつまでも怖いです


●スケットダンス
生徒会からハミる忍者の末裔カトゥー。
まとめようとあがく椿。
単独行動のカトゥー。ウニューが傷ついてあらぶる椿。
ヒメコさんと話してる方が気が合うみたいです。
一方、盗み聞こうとボッスンは1人忍者ごっこ。まず気付かれてるだろ。
ボッスンいいキャラしてるなあ。


●めだかボックス
【ノーマル】善吉【凡人】頑張れ!
視力を「なかったこと」にされてピンチの善吉君でしたが、
なんと自ら床の金網を落として毒蛇の穴へ。
最期の笑顔よかったよ、忘れない!(ぇ


●保健室の死神
運動会。
藤君の絵のセンスに脱帽
次週は三途川先生・経一 VS鏑木・ハデス先生
最後の4コマが いぬまるだしに見えた



うすた先生 ご結婚おめでとうございます
ジャンプ作家同士とは。
読み切り楽しみ!

雛型

JUGEMのテンプレート自作しようと思ったけど何ひとつ分からん(^ω^)


タグ?CSS?誰か…


もっかい一から調べてみるか(`・ω・´)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
カウンター
カウンター.com
出会い
アクセスカウンター
出会い
出会いカフェ
web拍手
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM